海外fx比較ランキング

海外優良FX業者厳選3社

SNSシェアtwitterリツイート

第1位 XMトレーディング

海外FX業者の定番、海外FXの代名詞。

総合力評価断トツトップで海外FXデビューには最適。

日本人が一番利用している業者で断トツ人気の優良FXブローカー。レバレッジ設定最大888倍まで可能。人気の理由は高レバレッジに加え、入出金のスムーズさに定評がある事。強い約定力。多彩なボーナス

スプレッドの狭い外枠手数料制のECN口座(ZERO口座)有。金融庁ライセンス有。口座開設するだけで3000円ボーナスあり。各メディアでベストブローカーとして多数の賞を獲得している信頼できる優良業者です。百数十の国で営業展開。ボーナスが豊富で魅力、口座開設ボーナスの他に、入金ボーナス・トレード毎に貰えるXMPボーナス。今回新しく追加されたビットウォレットによる入金ボーナス。

リクオートなし、約定拒否なし日本人サポート充実で日本の業者よりしっかりしてます。言語については全く問題なし。英語不要。(ライブチャット窓口有)。ゼロカットシステム採用により追証が発生せず不測の事態においても借金を背負う事はありません。(ロスカットレベル20%)

最低入金額:クレジットカード、デビットカード(VISA・JCB),ビットウォレットによる入金は500円から。

XM口座の入金・出金はビットウォレットのご利用が1番お得で1番スピーディー、入出金の悩みはビットウォレットを使えば解決します。

追記:2019年6月よりBitwalletへの出金はBitwalletからの入金額までと言う仕様に変更されているので利益分の出金は海外送金が主な手段となります。(2020年1月現在)

口座の種類:スタンダード口座、マイクロ口座、ZERO口座(ECN口座)の3種類。スタンダード口座・ゼロ口座は1ロット10万通貨ですが、0.01ロットからトレード可能ですので小額からの取引も可能。更にマイクロ口座だと1ロット1000通貨、0.01ロットからトレード可能なので更なる小額トレードが可能で初心者におすすめ。

ZERO口座は口座開設ボーナス以外のすべてのボーナスが対象外なのでスタートはスタンダード・マイクロで始めるのが得策です。

トレードプラットフォーム:MT4,MT5(EAによる自動売買システムトレード可、VPSサーバーも完備、口座残高5000ドル相当以上・月トレード単位5ロット以上をクリアと言う条件付きですが無料で使用する事も可能。)

当方管理人のメイン口座はもちろんXMです!

XMトレード参考ブログ:XMトレードブログ 海外FX XM口座開設したからには億トレーダー

 

第3位 アキシオリー(AXIORY)

板情報がデフォルトで見れるプロ向け仕様のプラットフォーム【cTrader】が特色!最高レバレッジ400倍!スタンダード口座に加え、ナノスプレッド口座(ECN口座)もあり、スキャルピングにも向いていており、中級上級のFXトレーダーの利用が多い。

Curfexと言う日本金融庁登録の資金移動業者を介して国内入出金が可能となるシステムを導入。これを使えば入出金がスピーディーになり出金手数料も抑えられます。CurfexにはAXIORYサイト経由で登録出来ますが有効化するのに郵送により送られてきたPINの入力が必要になるため登録完了までには少し時間がかかりますが、最初に登録しておけば、ありがとうございます。後は楽々入出金可能です。ナノスプレッド口座が人気

第2位 TitanFX

この度、口コミ評価と口座利用継続率から判断して、3位から2位に格上げ!最高レバレッジ500倍!約定力と最狭スプレッドを誇るブレード口座に定評!スキャルピングに最適!海外FXは大抵、XM辺りでデビューされる方が大半ですが、ちょっと慣れてきた中級者以上のバンバンスキャルピングをやりたい方の利用者が多い。口座タイプはスタンダード(STP口座)とブレード口座(ECN口座)がありどちらもレバレッジ最高500倍まで設定できる、人気なのはブレード口座である。

XMのようなボーナスが一切ないのが残念だが、口コミ評判を調査してみると、スキャルピング主体のトレーダーは「一度タイタンFXを使えば他は使えない」と言うスキャルパーの声が多い。XMはスイング用・デイトレード用に、タイタンFXはスキャルピング用にと使い分けしたりするのも良いかもしれませんね。HPも日本人用にしっかり作りこまれ使いやすいです。入金・出金にはBITWALLET対応おススメ出来る業者です。


 

XMSTP口座開設に掛かる費用というのは、タダとしている業者が多いので、もちろん時間は要しますが、3つ以上開設し現実に取引しながら、自分に最も合うXM業者を絞り込みましょう。
MT4が重宝するという理由のひとつが、チャート画面から直に発注できるということなのです。チャートを見ながら、そのチャート上で右クリックすると、注文画面が立ち上がる仕様になっています。
スイングトレードをする場合、パソコンの売買画面をクローズしている時などに、突然に大暴落などが発生した場合に対処できるように、トレード開始前に対策を打っておきませんと、取り返しのつかないことになります。
スイングトレードで収益を出すには相応の進め方があるのですが、それもスイングトレードの基本を修得していることが前提条件です。最優先でスイングトレードの基本をマスターすることを意識してください。
XMが日本国内で勢いよく拡大した一番の理由が、売買手数料が超割安だということだと考えます。あなたがXMビギナーなら、スプレッドの低いXM会社をピックアップすることも重要だとアドバイスしておきます。

XMSTP口座開設をすれば、実際にXMの売買を行なわなくてもチャートなどを利用することができるので、「何はさておきXMについていろいろ習得したい」などと考えておられる方も、開設してみることをおすすめします。
テクニカル分析においては、原則としてローソク足を時間単位で並べたチャートを使います。見た目簡単じゃなさそうですが、頑張って解読できるようになると、その威力に驚かされると思います。
5000米ドルを買って持っている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。当然のことながらドル高に為替が変動した場合には、すかさず売り払って利益を確保しなければなりません。
システムトレードとは、PCによる自動売買取引のことであり、取り引きをする前に規則を設けておいて、それの通りにオートマチックに売買を終了するという取引になります。
高い金利の通貨だけを買って、その後保有し続けることでスワップポイントがゲットできるので、このスワップポイントだけを目的にXMに頑張っている人も相当見受けられます。

XM会社毎に仮想通貨を使用したトレード練習(デモトレード)環境を一般公開しております。本当のお金を投入しないでトレード練習(デモトレード)ができるので、取り敢えず体験してみるといいでしょう。
MT4と呼ばれているものは、古い時代のファミコンのような器具と同じように、本体にプログラムされたソフトを挿入することにより、初めてXM売買をスタートすることが可能になるのです。
デモトレードを有効利用するのは、99パーセントXMビが初めての人だと想定されますが、XMのスペシャリストと言われる人もしばしばデモトレードを実施することがあると聞きます。例えば新たに考えたトレード法のテストをするケースなどです。
私もだいたいデイトレードで取り引きを繰り返して来ましたが、今日ではより儲けの大きいスイングトレードを利用して売買しています。
XMに纏わることを検索していきますと、MT4という文字が目に入ります。MT4というのは、無料にて使用することができるXMソフトのことで、高水準のチャートや自動売買機能が搭載されているトレードツールのことを指します。

Copyright© 海外FX 比較ランキング | FXやるな国内業者と違って不正ノミ行為のない海外FX業者で , 2020 All Rights Reserved.